忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/24 17:43 】 |
「一緒に『打ち上げ』をしませんか」

1年に一度のイベントも先週頭に終わったのだが、
今年度は久々に延期平日開催にて公式な「打ち上げ」もなくなった。
「進行」役で、しかも「打ち上げ」の手配もするという、
まさに「自作自演」状態なのはちょっとなぁ…、とも思いながら
(フツーは誰かが[おつかれさま]という気持ちでこの役を買って出てくれるものだが)、
こういう職場の状況なので仕方がない。

「あーあ」と半分諦めてたところ、次の日の晩にメールが。

「一緒に『打ち上げ』をしませんか」
と、職場の垣根を越えて数人の後輩が誘ってくれた。

後輩に飲みに誘われる。

…これはほんとにうれしいことで、先輩冥利に尽きることだと思う。
職についてから、先輩に誘われたり、自分から先輩を誘ったことは数知れず。

でも後輩に誘われたというのは、大学の野球部の後輩に飲みに誘われてたころ以来だと思う。
自分たちにはこの職についてから長く後輩などいなかったので、仕方ないことかもしれないが。

というわけで、飲みに行ってきた。

彼らは彼らなりの悩みがあった。
自分たちのころと同じように。
ただ、そうやって愚痴を言い合える同期の仲間が身近に多くいるというのは、正直羨ましかった。

数の少ない谷間の世代。
自分たちの役割はそれである。

一つの答えは自分の中で出している。試行を始めて、少しの手応えは感じている。

でも、今回のような実のある対話がまだまだ少ない。

そんなことを帰りクルマで送ってもらいながら思った。
なんとなく、大学の野球部で、主務をしていたときのことを思い出した。

PR
【2007/10/10 00:02 】 | 徒然。 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<「こりゃ買った!」 | ホーム | 月日は百代の>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]