忍者ブログ
  • 2017.03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/04/25 09:57 】 |
朗詠。
テラ渋ス!!
吟じたす!!
天津木村ばりに吟じたす!!

動画、即ブリテン国へ転送!!


>ならば、後ほど翁のPCに動画を添付して送ってしんぜよう。
>
>故人西辞豊後國
>煙花八月帰河内
>孤帆遠影尽碧空
>惟見長江天際流

PR
【2008/08/18 20:22 】 | 未選択 | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
<<風呂も出たので | ホーム | 是非に>>
有り難いご意見
帰河内
ちなみに我が朋友の返信は李白の引用です。

>故人西辞豊後國
>煙花八月帰河内
>孤帆遠影尽碧空
>惟見長江天際流

訳すと

わが旧友は ここ西にある豊後國(荻)に別れを告げ
霞たなびく八月 河内へと帰って行く
友の乗ったただ一艘の帆かけ舟の影は 紺碧の空へと吸い込まれ
ただ長江が 天の果てまで流れているのが見えるばかりだ


別れの詩としてたまりませんね。まさに船で帰っていってますしね(^^;)
豊後國、河内の文字を見て、じわーっとほんとちょっと泣きそうに。


以下引用です。


黄鶴樓送孟浩然之廣陵
李白

故人西辞黄鶴樓
烟花三月下揚州
孤帆遠影碧空盡
惟見長江天際流


黄鶴楼(こうかくろう)にて孟浩然(もうこうねん)の広陵(こうりょう)に之(ゆ)くを送(おく)る

故人(こじん) 西(にし)のかた 黄鶴楼(こうかくろう)を辞(じ)し
煙花(えんか) 三月(さんがつ) 揚州(ようしゅう)に下(くだ)る
孤帆(こはん)の遠影(えんえい) 碧空(へきくう)に尽(つ)き
惟(た)だ見(み)る 長江(ちょうこう)の天際(てんさい)に流(なが)るるを


わが旧友の孟浩然は ここ西にある黄鶴楼に別れを告げ
霞たなびく三月 揚州へと下って行く
友の乗ったただ一艘の帆かけ舟の影は 紺碧の空へと吸い込まれ
ただ長江が 天の果てまで流れているのが見えるばかりだ


http://d.hatena.ne.jp/toya/20060424
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1113577736
http://kanbun.info/syubu/toushisen318.html
【2008/08/25 00:08】| | おじいちゃん #99b1ddfa5c [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]